トラブルを回避する方法

設定をきちんとする

海外旅行で通信サービスでトラブルが発生しているケースが多いです。そのため、wifiをレンタルする前に、接続や設定について知っておくといいでしょう。設定をしっかりと行なうことで、無駄な出費を減らすことができます。

wifiルーターの選び方

no.1

通信エリア

wifiルーターを選ぶ時に一番重要と言えるのが、通信エリアです。現代ではモバイルwifiルーターを開発している会社はいくつかありますが、それぞれの会社で通信が可能な場所には差があるのです。

no.2

料金

wifiルーターをレンタルする時に多くの人が注目しているのが、料金でしょう。レンタルする時は、初期費用、月々の利用料金、期間内に解約した場合の手数料など確認して契約することが大切です。

no.3

端末の性能

wifiルーターも機種と同じで新しいほど、高機能に作られています。そして、モバイルwifiルーターはバッテリーが命ですから、端末のスペックとバッテリー量で納得のできるものを選ぶといいでしょう。

no.4

通信速度

レンタルwifiを選ぶ時に、通信速度を気にする人が増えています。旅先で通信速度が遅くて、不快な気持ちになってしまう人もなかにはいます。通信速度で悩むのが嫌なら各会社で最も高速通信できるプランを検討するといいでしょう。

no.5

速度制限

特にPC回線に接続する人やスマホで動画を見る人にとって速度制限はとても、重要になってきます。速度制限で不安を感じているなら、大容量データプランに加入するか追加チャージが安いところを選ぶといいでしょう。

現地でトラブルに合わない為に

携帯

高額請求されないために

セントレアでMVNOが人気なのは、現地でのトラブルを回避することができるからです。何も知らずに現地に行って、高額請求をされたなんて話はよく聞きます。そのような事態にならない為にも、MVNOでwifiのレンタルサービスを活用しましょう。

現地のwifiスポットを使う

通信サービスでトラブルに合わない方法として、現地で無料で使用できるwifiスポットを上手く使うのもいいでしょう。世界的にもwifiはかなりの普及率です。そのため、お店やホテルでも公衆のwifiスポットがあるところも多いです。

データローミングをオフに

海外では知らない間に自身の携帯に情報が流れてきて、データが更新されてしまいます。ですから、海外に行く前にデータローミングをオフにしておく必要があります。データローミングは設定でオフにできるので、海外旅行の際は忘れないようにしましょう。

バックアップ機能もオフに

最近のスマホは便利で定期的に自動でバックアップをしてくれます。普段ではすごく便利で助かる機能なのですが、海外旅行では大容量通信となる可能性があります。ですから、高額請求から免れるためにも旅行の際にはオフにしておきましょう。

アプリの自動更新もオフに

海外旅行での高額請求の裏にはアプリの自動更新があります。インストール済みのアプリが自動更新に設定されていると、短時間で何回も情報を更新してしまうことになります。その結果、高額請求になる可能性もあるので、注意しましょう。